鼻炎の漢方薬

今年も花粉症の方には辛い季節です。

マスク生活で鼻や喉の症状は少し軽いといわれる方もみえますが、鼻炎の漢方薬をご紹介します。

「小青竜湯(ショウセイリュウトウ)」は急性期の水様性の痰・鼻汁、鼻閉、くしゃみ、流涙、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎に用いられます。

「葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)」は急性期の水様性から粘膜性の鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎や頭痛、後背部のこわばりの方にも用いられます。

「荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)」は慢性期の粘膜性から膿性の慢性鼻炎、蓄膿症、慢性扁桃炎に用いられます。

「辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)」は亜急性期の粘膜性から膿性の鼻づまり、慢性鼻炎、蓄膿症に用いられます。

以上の漢方薬は全て陽証に入ります。


関連記事「小青竜湯」

関連記事「花粉症の漢方薬」

関連記事「麻黄が使えない花粉症の方」

関連記事「妊婦の花粉症」

関連記事「花粉症」


はりきゅうanby治療院

*画像は「kracie」さんからお借りしました

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩5分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。