夏場の漢方

梅雨明け後は連日の猛暑日で日中は外に出るのも危険な気温です。

この暑さにまだ体がついていけない方も多いのではないでしょうか。

夏場に使われる漢方薬をご紹介します。

「清暑益気湯(セイショエッキトウ)」は漢方で「注夏病(チュウカビョウ)」とも呼ばれる夏痩せ・夏バテの代表処方です。

昔から、暑熱を冷まし、気力を益す漢方薬として使われてきました。

食欲不振・尿量減少・口渇・食後の眠気・下痢・自然発汗・全身倦怠感のある場合に効果的です。

また、目がかすんで目の前が暗くなるのを「眩」、グルグル物が回って見えたり、揺れ動いて見えるものを「暈」といい、この二つが一緒に起こるのをめまいといいます。

東洋医学では「眩暈(ゲンウン)」といい体全体の不調をいいます。

「気・血・水」のめぐりを整えるツボは「中渚(チュウショ)」です。

皆様、熱中症にはくれぐれも気を付けてお過ごし下さい。


関連記事「半夏(はんげ)」

関連記事「夏バテのツボ」


はりきゅうanby治療院

*画像は「健康Walker」さんからお借りしました

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩1分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。