半夏(はんげ)

生薬に使われる「半夏」は多年草の雑草で、長さ10~20㎝程の三枚の小葉からなる葉を1~3枚出します。

花はサトイモ科特有の変わった形をしています。

サトイモ科のカラスビシャクの球茎のコルク層を除いて乾燥したものが生薬の半夏です。

去痰・吐き気などに効果があります。

漢方薬では、疲労やストレスで「気」のめぐりが滞った方の咽頭・食道部に違和感が出る方に効果的な「半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)」や、神経性胃炎などのストレス性の「心気」のうっ滞を通す「半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)」に使われます。


はりきゅうanby治療院

*画像は「ツムラ」さんからお借りしました

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩1分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。