水毒(すいどく)水滞(すいたい)

梅雨入りも間近でしょうか。

中医学に「水毒」または「水滞」という用語があります。

東洋医学では体内の「気・血・水」という3つの要素が正常にバランスを保っているかを常に考えます。

水毒とは「水」の部分、体内の水分代謝がうまく働いていない状態を示します。

むくみを感じたり、体が重い・関節痛・しびれ・めまい・下痢などの症状がある方は体内の水分代謝がよくないかもしれません。

水毒タイプの方は食べ物や飲み物で摂取した水分が汗や尿から排出されずに体内に溜まってしまっています。

膀胱や腎臓の働きが悪いということもありますが、やはり体内が冷えていることが多いです。

これからジメジメとした季節になり、冷たいものばかりを摂取したり、長時間クーラーの部屋にいるなど、体を冷やす環境での生活になる方も多いと思いますが、浴槽に浸かる入浴や軽い運動で上手に汗をかく工夫をして頂きたいです。

鍼灸治療でのお灸は特にお腹の冷えを改善する効果があります。

夏の冷えを感じる方、是非一度鍼灸治療をお試し下さい。


関連記事「芒種(ぼうしゅ)」

https://www.89-anby.com/posts/4327977


はりきゅうanby治療院

*画像は「マイナビウーマン」さんからお借りしました

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩1分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。