「低体温」と「冷え性」

一般的に日本人の体温は36.6℃から37.2℃(わきの下で測る温度)といわれますが、35℃台しかない方を「低体温」といいます。

冷え性は、寒さを感じる度合いが普通の人よりも強かったり、全身や手先が冷えるといった症状で女性に多いと言われてきましたが最近では男性や小学生の冷え性が増えているそうです。

本来子供は代謝が良いので冷えとは無縁のはずですが、生活リズムの乱れや睡眠不足、不規則な生活などが影響しているようです。

手先が冷たいだけが冷え症ではなく「内蔵型冷え性」というものがあります。

手のひらを、おへその上と下に置いて、おへその上が下より冷えていると感じた方は内臓が冷えていることがあります。

熱産生(基礎代謝)を行う臓器は次のものがあります。

多いものから、骨格筋22%、肝臓20%、脳18%、心臓11%、腎臓7%です。

昔から、お腹を冷やしてはいけないといいますが、おなかには重要な臓器が存在していますので、お腹を冷やさないようにすることは重要です。

食事面でも、黒・赤・橙・黄色などの色の濃い食物は身体を温めるといいます。

そして、骨格筋を動かす「運動」は一番の熱産生ですので、適度な運動を習慣づけることはとても大切です。

暑い季節がやってきますが、毎年この時期になるとクーラーや冷たいものの取り過ぎで体調不良になる方が多いですが、一日のなかで身体を温める時間を作るよう心がけたいですね。


関連記事「「冷え」と「痛み」」

http://www.89-anby.com/posts/3646191


はりきゅうanby治療院

*画像は「NAVER」さんからお借りしました

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩1分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。