更年期障害のツボ①

前回のコラム「更年期障害」に効果的なツボをご紹介します。

代表的なツボに「三陰交」というツボがあります。

足の内くるぶしの上方3寸のところにあります。

3寸はだいたい指4本分の幅です。

画像は、せんねん灸さんからお借りしました。

三陰交は足の太陰脾経に属し、倉廩の官(そうりんのかん)と呼ばれ、胃と同じく消化、吸収を調節する働きがあります。

脾は体内の栄養分を上に持ち上げる機能がありますので、五臓六腑を一定の位置に維持するとともに、血が血管の外に漏れ出させない統血機能があります。

脾の機能に異常が生じると出血傾向になります。

足の太陰脾経・足の少陰腎経・足の厥陰肝経の三陰が交わるという意味でも、脾・肝・腎が整います。

三陰交はむくみや冷えにも効果的ですし、ホルモンの分泌の働きを良くしますので、婦人科系のあらゆる症状に効果的です。

毎日お灸をすえたり、押してみたりして試してみてはいかがでしょうか。


関連記事「更年期障害」

http://www.89-anby.com/posts/2780087


はりきゅうanby治療院




はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩1分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。