更年期障害

更年期とは、一般的には女性の場合40代から50代にかけて卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減少し始めます。

脳の視床下部は卵巣にもっとエストロゲンを分泌するように指令を出します。

しかし、指令を出してもエストロゲンが分泌されないため、視床下部は混乱をきたし、コントロール出来なくなり、自律神経が乱れ様々な不調が起こってきます。

男性にも同じように更年期があります。

男性の場合はテストステロンと言われる男性ホルモンの減少です。

ホルモンバランスだけではなく、更年期の時期は子供の独立や親の介護、仕事の重責など生活のリズムも変わり精神的ストレスも加わります。

症状として、集中力低下・無気力・不安感・倦怠感・憂うつ・不眠・のぼせ・冷え・頭痛・肩こり・手足のしびれ・めまい・耳鳴り・むくみ等です。

更年期障害は症状が軽い人から重い人、またほとんど症状が出ない人など様々です。

更年期には高血圧や糖尿病など、生活習慣病を発症しやすい年齢でもありますので、食生活を見直し、習慣的な運動でコレステロールを蓄積しない体づくりをし、十分な睡眠を取れるように心がけましょう。

若い女性でも、無理なダイエットなどで栄養不足になりますと月経を止めてしまい、ホルモンバランスを崩し、20代30代で更年期が始まってしまう事もあります。

ホルモン剤や漢方などで補う方法もありますが、大豆は植物性エストロゲンとも呼ばれますので、女性の方は毎日の食事に一食は豆腐・納豆・味噌などの大豆食品を摂取するのが良いと思います。

更年期を乗り切るには男女とも共通して言える事はストレスを溜めない事です。

楽しくなれる趣味を持つ事も大切ですし、家族や友人など身近に相談できる人がいる事が一番ではないかと思います。

鍼灸は自律神経を整えますので、ホルモンのアンバランスも改善できます。

更年期障害でお悩みの方、是非鍼灸を初めてみてはいかがでしょうか。


関連記事「更年期障害の三大処方」

http://www.89-anby.com/posts/5620945

関連記事「男性の更年期障害の漢方処方」

http://www.89-anby.com/posts/5678976


はりきゅうanby治療院

*画像は「イソフラボン倶楽部」さんからお借りしました

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩1分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。