下合穴(しもごうけつ)

下合穴とは六腑(胆・胃・小腸・大腸・膀胱・三焦)の気が流注して出入りする重要な穴であります。

六腑は一般的には胸腹腔内にある、中が空洞の臓器で飲食物を受け入れ消化し、次の臓器に送ったり、水分の吸収・輸送・排泄に関与しています。

下合穴は足の陽明胃経・足の太陽膀胱経・足の少陽胆経にあります。

中国最古の医書「霊枢」に下合穴の具体的な内容として、「胃は足三里で合し、大腸は巨虚上廉で合入し、小腸は巨虚下廉で合し、三焦は委陽で合し、膀胱は委中で合し、胆は陽陵泉で合す」と記載されています。

また、六腑の病症はすべて足の三陽に出ると説明し、「府を治す者は、其の合を治す」とされています。

病が身体の上、顔面や頸部または六腑にある時に、身体下部の経穴を使う「遠道刺(えんどうし)」という鍼法にも使われます。


関連記事「足のむくみのツボ」

https://www.89-anby.com/posts/6452804


はりきゅうanby治療院

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩1分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。