冬風邪のツボ「魚際」

朝晩冷え込むようになってきました。

「魚際(ぎょさい)」は手の太陰肺経に所属するツボです。

肺は「相傅(そうふ)の官」と呼ばれ、「心」を補佐する役割を担います。

呼吸作用により、大気中の清らかな「気」を体内に取り込み、汚れた気を体外に出します。

気温の低下と乾燥で、喉粘膜のバリア機能が低下すると、ウィルス等が侵入して冬の風邪にかかります。

魚際は皮膚粘膜の働きを強化するツボです。

ひび割れ・あかぎれ・かゆみ等だけでなく、喉の痛み・咳・喉の渇きにも効果がありますので、お灸をすえたり、ツボ押ししてみて下さい。


関連記事「風邪のツボ」

http://www.89-anby.com/posts/3698605


はりきゅうanby治療院

*画像は「医道の日本社」さんからお借りしました

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩1分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。