3つのクマ

美容鍼を受けられる方のお悩みに、目の周りの「クマ」が気になると言われる方がいらっしゃいます。

目の周りは年齢が出やすいので女性は特に気にされる方が多いようですが、クマにも色々な種類があります。

大きく分けますと、「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」です。

「茶クマ」はシミと同じで、紫外線によるメラニン生成過剰で起こります。

目の周りは顔の中でも特に皮膚が薄くなっていますので、目をこすったり、強すぎる洗顔の摩擦などで炎症が起こりますし、アイメイクのクレンジング不足で色素沈着にもなります。

「青クマ」は血行不良による、うっ血が原因になります。

目の周りには毛細血管が沢山ありますので、加齢や冷え・睡眠不足・パソコン等の長時間作業などで血流が停滞しますと酸素不足になり、薄い皮膚が黒く青みがかって見えます。

「黒クマ」は加齢による筋肉のゆるみが原因になります。

まぶたにふっくらとハリがあるのは、眼球を囲みクッションの役割をしている「眼窩脂肪(がんかしぼう)」があるからですが、加齢によって筋肉や皮膚が衰えますと、上まぶたにあった眼窩脂肪はズレて眼球の裏側へ流れ落ち、下まぶたへ移動します。

これによって目袋がふくらみ、凹凸ができ、その影が黒クマになります。

目の周りのクマは保湿やファンデーションでもなかなか消えませんし、目の周りの暗さは顔の印象も悪く、老け顔をつくります。

美容鍼は目の周りの血流を促進します。

衰えた筋肉に鍼を打つことで弾力を取り戻しますし、目の周りの疲労を回復させます。

目の周りのクマが気になる方、是非一度美容鍼をお試し下さい。


関連記事「美容鍼の効果」

http://www.89-anby.com/posts/833912

関連記事「眼精疲労に鍼」

http://www.89-anby.com/posts/2103850

関連記事「眼瞼下垂(がんけんかすい)」

http://www.89-anby.com/posts/3157962


はりきゅうanby治療院

*画像は「スキンケア大学」さんからお借りしました

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩1分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。