「冷え」と「痛み」

今日は節分ですね。

明日は立春ですが、まだまだ寒さ厳しく雪も降りそうで、体のあちこちが痛い方も多いのではないでしょうか。

「冷え」は単に体温が低下している、寒いという事だけではなく、心身のエネルギーが低下し、新陳代謝も低下して治癒機転が働かなくなっている状態といえます。

多くの漢方薬には体を温める生薬が配合されています。

例えば、「附子(ブシ)」というトリカブトの塊根を基原とする生薬がありますが、体を温め、新陳代謝の機能を高める作用を持ちます。

またこの時期、特に腰から脚など下半身の痛みが強い方には「疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)」という漢方薬があります。

「疎経」は血管内の血流が阻害されている状態を疎通させ、「活血」は血液の流れを順調にするという意味があります。

温めると楽になるという痛みには、鍼灸治療は大変効果的です。

冷え症の体質改善にも是非一度お試し下さい。


関連記事「節分」

http://www.89-anby.com/posts/1970847


はりきゅうanby治療院

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩1分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。