味噌灸

灸法のなかに「隔物灸」という技法があります。

肌と艾(もぐさ)の間に物を置いて施灸する方法です。

間に置く介在物は、塩・ニンニク・しょうが・ビワの葉・墨・ニラ等があります。

介在物の薬効成分と温熱刺激を目的とした灸法です。

味噌は昔から家庭にありましたので、味噌灸は江戸時代から家庭で出来るお灸でありました。

今でも牧場では乳牛の受胎力UPに、牛のツボに味噌を置き、大きな艾をのせて灸をするそうです。

「気の病には鍼、血の病には灸」と言われるように、瘀血(おけつ)症の女性には特に灸は良いとされています。

隔物灸は自宅でも簡単に出来ます。

作り方はお尋ね下さい。


関連記事「お灸の効果」

http://www.89-anby.com/posts/1537672


はりきゅうanby治療院

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩1分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。