咬筋(こうきん)をほぐす

首や肩こりで来院する若い女性の方のお話を聞いていますと、顎関節症で困っている方が多いです。

顎関節症は顎を構成する咀嚼(そしゃく)筋の筋肉痛が主な原因です。

咀嚼筋は咬筋・側頭筋・外側翼突筋・内側翼突筋の4つの筋肉で構成されています。

奥歯で噛んだ時に大きく盛り上がるのが咬筋です。

歯を食いしばる動きに作用しますから、かみ合わせが悪かったり、噛む力の左右差があったりしますと筋緊張が続き筋肉痛(コリ)が生じます。

歯科医で嚙み合わせを調整したり、マウスピースで力を分散させたりする治療がありますが、咬筋を緩める事でも緩和できます。

咀嚼筋のなかでも咬筋は最も浅層にある筋肉ですので、鍼治療で簡単に緩める事ができます。

当院では、美容鍼コースで顎関節症の治療をおこなっております。

是非お試し下さい。


関連記事「美容鍼の効果②」


はりきゅうanby治療院

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩5分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。