逆子にお灸

胎児は妊娠中期までは子宮内で体勢をクルクルと変えていますが、分娩が近くなってくる34週頃には頭が下がります。

しかし、36週過ぎても頭が下にならない赤ちゃんは5%程あります。

帝王切開も今は非常に安全な手術ですし、出産日が分かるメリットもあります。

逆子の直し方には外回転術や逆子体操などありますが、昔から逆子の灸というものがあります。

逆子の原因は医学的にも解明はされていませんが、やはりお母さんの体が冷えていますと赤ちゃんも大切な頭を守ろうとして上を向いてしまうのかもしれません。

逆子のツボは足首近くの「三陰交(さんいんこう)」足の第5指の外側「至陰(しいん)」があります。

当院では、ご自宅でお灸ができますように指導させて頂きます。


関連記事「マタニティ鍼灸」


はりきゅうanby治療院

*画像は「kodomoe」さんからお借りしました

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩5分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。