PMS(月経前症候群)

朝晩と涼しくなり、過ごしやすくなりました。

今回は女性の多くの方が経験するPMS(月経前症候群)について書きたいと思います。

月経が始まる1~2週間前から起こる腹痛・イライラ感・頭痛・腰痛・乳房の張り・むくみ・肌荒れ等の不快症状をいいますが、月経が始まると治まります。

症状がひどい方は寝込んだり、登校・通勤困難になるケースもあります。

排卵から生理前には自律神経を活発にして気持ちを安定させるエストロゲン(卵胞ホルモン)が減り始めます。

代わりに、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えます。

プロゲステロンは女性の身体を妊娠しやすくする働きをもつホルモンです。

子宮の収縮を抑制し、栄養や水分を身体に溜め込む働きがありますので、血行不良にもなります。

PMS時の不快感を感じても月経まで我慢する方も多いようです。

食事や運動でも緩和できる事がありますので、自分にあった改善策を探して頂きたいです。

女性はストレスなどでイライラ感が上昇しますとチョコレートやケーキなどの甘いものを食べてしまう方も多いと思います。

糖分を急激に取りますとその後血糖値が急降下して益々イライラが大きくなりますので、なるべく甘いものは小分けにして食べるようにして下さい。

食事も炭水化物はゆっくりと消化できるよう、野菜やたんぱく質を先に食べると良いと思います。

カフェインも興奮作用がありますから、コーヒーもブラックよりミルクを入れたり、紅茶も生姜を入れて温めたりするだけでも違うでしょう。

神経伝達物質の代謝に関与し、利尿作用もあるビタミンEを含むアーモンドやナッツ類、豆類も積極的に取りましょう。

アルコールはむくみをひどくさせますので、この期間は少し休肝すると良いですね。

喫煙・受動喫煙は血流を悪くしますので、これから妊娠を考える若い女性は禁煙を考えて、家族やパートナーに協力してもらう事が大切です。

毎月のPMSの症状をスケジュールに書き込むと自分がどの時期で症状が起こるのか分かってくると思います。

その期間はなるべくリラックスして休める環境をつくって下さい。

痛みを伴う症状は冷えている場合が多いですので、お風呂をシャワーだけで済ませずに、ゆっくり浴槽につかって好きなアロマでリラックスしたり、気候も良くなてきましたのでウォーキングなどで体をゆっくり動かしてみるのも良いかと思います。


はりきゅうanby治療院

*画像は「命の母」さんからお借りしました

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩1分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。