熱中症にお灸

猛暑日が続きますが、皆様お気を付けてお過ごし下さい。

熱中症対策では、首・脇の下・大腿の付け根の太い血管を冷やし、電解質補給をしますが、軽度の熱中症で体の熱を取るツボがあります。

東洋医学で熱中症を「中暑(ちゅうしょ)」といいますが、体に溜まった「暑邪(しょじゃ)」を体の外に出してあげる事が大切です。

暑邪は陽邪であり、炎上性・昇散性があり、気と津液を消耗します。

頭がボーっとしたり、頭痛のような症状がおこります。

体の熱を冷ますツボは「陽谷(ようこく)」です。

取り方は手の甲側で手首の横ジワの小指側にある丸い骨の下です。

お灸が効果的です。


関連記事「ほうろく灸」


はりきゅうanby治療院

*画像は「医道の日本社」さんからお借りしました

はりきゅう an by 治療院 | 岐阜市 鍼灸院

はりきゅうanby(アンバイ)治療院は岐阜市役所より徒歩5分の鍼灸院です。 女性鍼灸師が常駐しておりますので、女性の方にも安心してご利用頂いております。 首コリ・肩コリ・腰痛・眼精疲労・不眠・耳鳴り・PMS・不妊治療・マタニティ鍼灸・美容鍼灸・脳梗塞後遺症など、東洋医学に基づいた施術をしております。 幅広い疾患に対応させて頂いておりますので、是非一度ご相談下さい。